今、熱い「KANA-BOON」オススメバンド紹介

 

出展 Skream!-KANA-BOON
出典 Skream!-KANA-BOON

ボーカル、ギター担当:谷口 鮪(24歳)

ギター、コーラス担当:古賀 隼斗(24歳)

ベース担当:飯田 祐馬(24歳)

ドラム担当:小泉 貴裕(23歳)

バンド名の由来は古賀隼斗が命名、結成当初バンド名を決める時一番最初にあがったのがカナブーン。当時「ネットスラング」の「ブーン」にメンバーがハマっていたことから「○○ブーン」にしようということで虫のカナブンとかけ「カナブーン」に、それを英語表記の「KANA-BOON」とした。

出典  wikipedia

2008年 高校の軽音部で結成。

2010年には三国ヶ丘FUZZをホームとし、ライブハウスでの活動を始める。

2011年 初のワンマンライブを三国ヶ丘FUZZで行うとチケットはソールドアウトし地元高校生を中心に爆発的な人気を得た。この時、現メンバーのBa飯田が加入する。

2012年 キューンレコードの20周年記念オーディションで4000組の中からグランプリとして選ばれる。

この年、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントアクトを務める。

ここから彼らはOSAKA MUSE 25th Anniversary Movingrooveをはじめさまざまな出演を果たす。

2013年1stミニアルバム「僕がCDを出したら」(オリコン14位)を発表。

出典 http://www.youtube.com

2013年1stシングル「盛者必衰の理、お断り」(オリコン10位)を発表

出典 http://www.youtube.com
2013年1stオリジナルアルバム「DOPPEL」(オリコン3位)を発表。

出典 www.youtube.com
2014年 2月、2ndシングル「結晶星」(オリコン8位)を発表。

出典 www.youtube.com
2014年 5月、3rdシングル「フルドライブ」(オリコン6位)を発表。

出典 www.youtube.com
New! 2014年8月27日予定! 4thシングル「生きてゆく」発売予定。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中